2017/07/26

土地が坊主になりました。

 こんにちは

  先日、根切り予定区画の草刈りを行い、その後掘削工事に入るとの

  工程のご連絡を、現場監督さんからいただきました。

  土地の警備に行ってみると


従来は、
kasetu




草刈り後

こんな風に、坊主になってました。

 中心エリアは
草無し

地肌が丸見えです。
昆虫達は、無事に逃げ延びたのでしょうか?
スポンサーサイト
2017/07/26

構造?  ③

  こんにちは

  Kasuが概略を計画した建物の施工方法は、

  「木軸工法」 を専門に施工されており、かつ、高気密・高断熱住宅の施工実績をお持ちの業者さんにお願いすることにいたしました。

    木軸工法を是といたしました論拠としては、細かく書けば、沢山書ける訳ですが、

    例えば、同じ値段なら、「SPF材より、無垢の四寸檜材の方がいい」
                                           とか、

    頭繋ぎが必ず階下に開口部を置く場合入るので、「開口部の取り付け高さに制限」
                                           が壁式にはあるとか

    間取りを壁式枠組工法で、プランニングしてみて、私個人としては、比較するとマイナスかなと思ったことを、あげつらえれば、ぽろっ、ぽろっと感じた訳ですが、

    逆に、壁式枠組工法は、普通に施工するだけで、「省令耐火構造」に該当するので、火災保険が安いとか、

    個々のメリット、デメリットは枝葉に過ぎないと認識しました。

  大事なこととして、その1年間の間に得たこととしては。
   
  「建物は、業者という組織に関わる「人」が、図面を基に施主と創りあげていくんですから、契約する、組織、その中の人が一番大事である。」と。
 
その上で

  1   高気密・高断熱住宅の施工実績
  2   施主の希望に柔軟に答えてくれそう   か
  3  普段の努力を続けられておられるか
  4  良い施工基準を維持するために、良い職人さんを抱えておられるか
  5  その組織の規模に応じた財務状況か
  6  年間の施工棟数等を、レベル維持のために絞ったり、バランスを取られているか
  7   気密測定を必須の実施項目としているか
  8   Kasuの建築予定地が、通常施工エリアか  
  9   仕事は、引き合いがあり、忙しく業務をこなされているか

  こんなところを満たしそうな業者さんを探しました。
  Kasuが調べた限り、私の施工エリアを範囲としている業者さんは1件しか探せませんでした。
 
  「 構造」がどうというより、、そうした構成、構造を満たした相手を選ぶという選択となりました。
   
  今にして思えば、1年ほど、プラン立てしてお断りした業者さんとの経験等を経て、こうした自分なりの結論を導きだしましたし、
  要件を満たした業者さんが存在していたこと
  その、業者さんと、希望の納期で取引できることを
 改めて感謝したいと思います。
  
2017/07/26

構造 ②

 こんにちは

 家の構造の②です。

 前回、ほぼ1年の間、 壁式枠組工法にこだわって、業者さんとやりとりしてきたことを書かせていただきました。
   この間に、専業の建築士さんにお話を伺ったり、ハウスメーカーの建物を見たりもチョコチョコ行っておりました。

   高気密・高断熱の家づくりとして有名な法人さんや団体さん 等は、思いついたところで、

一条工務店
スウェーデンハウス
パッシブハウスジャパン
新住協
FPグループ
エコハウス
 (グループ?FC?)
最近ですと「低燃費住宅」こちらも
FCでしたか?

 以上、人格ですとか、敬称略させていただいておりますが、Kasuのつたない知識ではこの辺が思い浮かびます。

加えて、建築士の方ですと
西方里見さん
松尾和也さん

このあたりが著名な方となるでしょか?このお二人以外にもおられるとは思いますが、書籍を執筆なされたりという意味で著名という言葉を記載させていただきました。
     こちらで記載いたしました方々も、そうでない、Kasuの存じ上げない方々も皆さん、施主の要望に応えるべく努力なされておられるんだと思います

私は、 当初は、建物の気密、耐震性、防火性、そして、断熱性能とを秤に掛け、その中で、一番軽視されていた「温熱環境」に着目して見ると、多くの場合、温熱環境が高いことを売りにされているところは、他の要件も、キッチリ満たしているところが多いことに気付きました。
 
 そして、構造がとか、そうした、自身の座学での枠組に拘泥しないようにと考え直しました。
2017/07/25

図面と工程表

 こんにちは

契約後、程無くして

製本図と、全体予定表が業者さんから届けられました。


図面等

 

この製本図面に基づいて、建物が施工されていく筈です。
項目として

案内図

配置図

設計概要

外部仕上表

仕上表

1F2F 平面詳細図

立面図 (四方)

矩計図

展開図

建具表

照明器具図

空調機器表

設備表

排水配管図

配電結線図

系統図

構造標準仕様書

基礎伏図

基礎断面図

耐力壁図

土台伏図

2F床伏図

2F小屋伏図

2F母屋伏図



これらを、主要設計図書として、製本したものを
いただきました。

我ながら、様々な要求をいたしましたし、

専門の設計事務所でないにもかかわらず

要求にお答えいただいたことに感謝しています。

構造計算書
建築確認申請
長期優良住宅申請
プレカット図
基礎構造図
個別の設備納り図

これらは、別添やデータで受領しています。

さて、施工による、予定外の納まり等で

図面修正等はどれくらい出るのでしょう。

そういえば、一部造作建具の図面が

未済でした(施工中に端材で大工さんに

作ってもらうう予定のため)、忘れないよう

しないと。





2017/07/23

監督さんから

 こんにちは


 監督さんから、

 遣り方

 根切り


 転圧

 砕石


 までの工程が届きました。

 基礎工事をしていただく業者さんと現地での打ち合わせを済ませ

 予定を決めたようです。


 あとは、お天気次第ですが

 無事に進行することを願っています。